ブログ

4-2

ブログ2017.11.16

大黒柱を家族で楽しむ家:岡崎市K様邸・後編

前回(http://saijoukensetsu.com/blog/20171114)に引き続き、大黒柱を家族で楽しむ木の家・岡崎市K様邸のご紹介です。ふんだんにヒノキが使われ、また和紙を採用した室内の壁など、見どころいっぱいです。では、早速詳しく見ていきたいと思います。

 

4-5

 

玄関を入ると洗い出しの土間スペースと琉球畳風の和室。また存在感のある大黒柱が、ご家族や訪れた人々をお出迎えしてくれます。その隣にはヒノキのフローリングが続きます。壁は和紙貼りで、調湿性・調光力・保温力・吸音力とさまざまに大活躍です。

 

4-1

 

外観と同様に襖などの建具もグリーンでまとめられたK様邸。ヒノキの木目とグリーンが鮮やかなコントラストに。またキッチンは淡いピンクのものをお選びになられ、可愛らしいアクセントになっています。

 

4-4

 

階段は登り降りが楽なように、通常よりもゆったりと勾配を緩やかにしてあります。和紙貼りで、ヒノキを豊富に使った大黒柱を家族で楽しむ木の家に仕上がりました。

 

4-3

 

お施主様のK様とは、入居後も下水工事や塗装工事などのご相談も受けており、2016年にはご実家の増改築工事のご依頼も。もう15年ほどのお付き合いをさせていただいています。

 

4-2

 

また当時、小学生であった息子さんが家づくりを体験し、ヒノキの家で暮らしていく中で、将来は建設関連のお仕事に就きたいと思うようになったそうです。その後、建設業界に就職されたと聞き、非常に嬉しく感じたのを今でも覚えています。K様、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

その他「雨楽な家」の施工事例はこちら → http://saijoukensetsu.com/gallerycat/inside