お客様の声

引渡しの次の日に頂いたメール F 様

DSC_0054

昨日は、ありがとうございました。ここ半年間で一番複雑な一日でした。
一番嬉しい日のはずなのに一番寂しくて、一番感謝しなきゃいけない日なのに気恥しくて、もっと甘えたくて、最近感じる事が無かったとても複雑な感覚で生涯忘れる事の無い一日になりました。

中西さん、内野さん、小林さん、本当にありがとうございました。
初めて出逢った日から約5年間、ずっと僕らを見守り支え続け、無茶なワガママも笑顔で耳を傾けてくれて感謝の気持ちしかありません。
西城建設にお願いして良かったと、これまで何回こんな事を妻と言ってきたか分かりませんが、あの家の梁を見る度にこれまでの何百時間という打ち合わせを思い出し、僕らは何回でも何十回でも言い続けるのだと思います。西城建設にお願いして良かったです。
昨日の帰り道で「家」って何なのかなと、ふと思いましたが広大すぎて僕にはまだ分かりませんでした。でも家の価値というのは、金額や材質や社名じゃなくて、削ったエンピツの数やおろした消しゴムの数のように家と向き合った時間と、それに携わった方の努力だと思いました。
日本一考えてもらえた、あの家の価値あって日本一幸せな家です。
家を家族と感じ、家族で家を守っていきます。
 
長くなりましたが最後に、家族じゃなくても、友達じゃなくても、歳が違っても、職が違っても、こんなに心から信頼出来る方々に出逢えた事が、僕らには何よりも幸せです。
家を通して繋がった縁。家のおかげで深まった絆。これからも大切にしていきます。
あっ!これが僕の考える家の答えかも(笑)
出逢いから、そして着工から、約5年間本当にありがとうこざいました。

「10年に一人の酔っ払いより」                             (原文のまま掲載)