ブログ

ブログ2017.06.20

「雨楽な家」のコンセプトや背景にあるもの|岡崎・安城・豊田・蒲郡・常滑「雨楽な家」西城建設

今回は、「雨楽な家」のコンセプトについてご紹介します。


上品でおしゃれな家であること
豊かな質感で手触りが良いこと
一目で伝統的な構造の美しさ、架構美がわかること
知恵ある本物のローコスト住宅であること
これが日本の家だと胸が張れること
単なる流行に終わらず時代を超えて残ること
端正で粋で心地良く古びていくこと
何となく素足で歩きたくなること
のびのびと子育てが楽しめること
自然の恵みの空間で大の字になれること

 

上記のような具体的なコンセプトがたくさんあります。

 

5-2

 

5-3

 

雨楽の家が、機能だけが詰まった、ただの箱のような家とはまったく違ことがおわかりいただけるでしょうか。

 

国際社会になり、一人一人が個性を持って、様々な文化を持つ人々と交流を始めたときに、自分自身が存在するバックボーンとしての文化の重要性に気づくはずです。

 

日本人が日本の伝統と文化をきちんと受け継いでいる住宅に住むことが、これからの時代に非常に大切なことだと私たちは考えます。そのようなコンセプトや背景を持った家が「雨楽な家」なのです。

 

5-4

 

5-5

 

5-6

 

ホームページには外観や内観の写真集もご用意しています。是非、そちらもご確認ください。

 

外観写真集
https://saijoukensetsu.com/gallerycat/outside

 

内観写真集
https://saijoukensetsu.com/gallerycat/inside