ブログ

ブログ2018.01.18

自然と仲良く暮らす家:岡崎市S様邸・後編

西城建設では、岡崎市を中心に、安城や豊田、蒲郡、常滑などのエリアでヒノキと漆喰の家「雨楽な家」の家づくりをしています。前回(https://saijoukensetsu.com/blog/20180111)に引き続き、西城建設の施工事例として、岡崎市S様邸のご紹介です。

 

5-1

 

前回は、西城建設での家づくりの開始までの経緯をお伝えしましたが、今回はS様邸の内観を詳しくお届けします。

 

使い勝手や動きやすさなども考慮して、通り土間を採用。ちょっとした荷物や道具類などを置けるので、大活躍の土間スペースです。奥様のこだわりを反映したリビングに面した畳の敷かれた和室リビングからそのまま続いているので、より広がりのある空間に仕上がっています。

 

5-2

 

すのこ天井は、木材が整然と並びリビングのデザインのアクセントに。ダイニングテーブルの上には吹き抜けを設け、ペンダントライトを採用して、オシャレな雰囲気をさらに演出しています。

 

キッチンルームの天井には外国製で木製のトップライトを設置。またキッチン横には大容量のパントリーも。食品や調味料などを、たっぷりと収納できます。

 

5-3

 

お子さんたちも吹き抜けから声を掛け合ったり、お友達と一緒にロフトで遊んだりと楽しんで頂いているそうです。ご家族の皆さんが満足して頂ける、こだわりの木の家「雨楽な家」が完成しました。