うらく通信

うらく通信2018.02.11

2018年2月号

こんにちは。雨楽な中西です。寒い日が続いてますが、先日の大雪は大丈夫でしたか?
平日という事もあり、通勤・通学にかなり影響があった事と思います。

この辺りはまだ雪が少ない地域なので良いですが、その分慣れてないので大混乱してしまいます。
現場でも屋根工事や駐車場のコンクリ打ちは、成す術もなく延期となり工程が狂ってしまいました。
雪が嬉しいのは子供たちだけですね。

さて、いよいよ新築住宅の省エネ住宅基準厳格化が間近に迫って来ました。
「新築2020年問題」いわゆる二酸化炭素(CO2)の削減やエネルギー消費量の低減に向けて、
住宅の省エネ基準を厳しくする動きです。国が定めた基準に適合しないと家が建てられなくなると言う事になります。

サッシ・エアコン・給湯器・24時間換気システム・断熱材などが高性能となり、窓を開けて涼しい風を入れて、
自然と戯れて生活するのではなく、窓を締め切って24時間換気システムに頼った生活スタイルに変わっていくのですね。
残念でなりません。でも、雨楽の良さは守っていくつもりですよ。

 

 

 

 

 

 

▼今月の雨楽通信はこちら▼