ブログ

ブログ2018.02.13

開放感の溢れる平屋の家:豊川市F様邸・中編

前回(https://saijoukensetsu.com/blog/20180208)に引き続き、西城建設の施工事例として豊川市F様邸のご紹介です。前回は、家づくりの始まりから平屋の注文住宅に決まるまでの経緯をお伝えしました。今回は、まるでオシャレな小料理屋さんのようなキッチンや広々としたリビングなど、ダイナミックな内観をご紹介致します。

 

4-1

 

平屋住宅のOB様のお住まいをご参考に間取りを決められたお施主様ご夫婦。立体的な絵を描くのが得意な旦那様だったという事もあり、ご要望が分かりやすくお打ち合わせも非常にスムーズに進みました。

 

家の中心には、こだわりの詰まった回遊性が抜群のアイランド型キッチン。前面にはカウンターを、後方には棚を設けて、お酒や器を並べてあります。「お店のようなキッチンにしたい」とのご要望を存分に反映させて頂きました。

 

4-2

 

4-3

 

広々としたカウンターの足に自然石を使っているのも大きな魅力のひとつです。キッチンの天井はブラックの配色にし、ぐっと引き締まった印象に仕上げてあります。またホワイトのスチールライトもオシャレな空間を演出。家族の憩うリビングとの繋がりもあり、開放的なスペースになりました。

 

4-4

 

4-5

 

4-6

 

4-7

 

次回はさらに土間続きの和室や備長炭を使ったトイレなど豊川市F様邸の内観を詳しく見ていきたいと思います。