ブログ

ブログ2019.10.08

家づくりの基礎は資金計画 ~土地と諸費用の話~ 【前編】

家づくりについて、切っても切り離せないのが、土地諸費用に関することです。
住宅の購入と密接に関連する一方、「よくわからない」「どのように相談していいかわからない」という声を聞くのが、土地と諸費用に関することでもあります。

 

間取りやインテリア、住宅設備など建物に関する事柄は、形に残ることからイメージしやすいものです。
当然、家づくりをする上で最も楽しく、重要であることは言うまでもありません。

 

ただ、「知らなかった」「こうしておけばよかった」という後悔をしないためにも、家づくりの一環として、土地と諸費用に関することは検討開始の時点で頭に入れておいてください。

 

ハウスメーカーの展示場には行ったことがあるけれど、個別の工務店や住宅会社には行ったことがない何をしてくれるのかわからないという方にも、ぜひ読んでいただきたい内容です。

 

 

土地がないとき、どこを訪ねるか

 

土地は不動産会社で買うもの。
もちろん、その通りです。
土地の売買を仲介するのが不動産会社の役割であり、土地=不動産会社というのは正しい考え方です。
実際に、土地を持っていない状態で家づくりを検討し始め、まず不動産会社で土地を契約してから、当社を訪れる方もいらっしゃいます。

 

でも少し想像してみてください。
仮に予算4000万円で、土地から家づくりを検討されている方がいたとします。
不動産会社で良い土地が見つかり、まずは2000万円で購入しました。
その後、理想通りの家を建ててくれそうな住宅会社(工務店、ハウスメーカーなど)が見つかり、建築費用を算出したところ2500万円かかることがわかりました。
残念ながら予算オーバーとなり、この方は住宅会社を変えるなど、妥協せざるを得なくなってしまいました。

 

これは実際に起こりえる状況です。
良い土地は早い者勝ちという気持ちは十分に理解できますが、先に土地だけを決めてしまうと、希望の家を建てられないというリスクもあります。
せっかくの注文住宅。建築費用を考えないままの土地購入で、後悔しないようにしましょう。

 

住宅会社の多くは、土地探しからお客様をお手伝いしています。
提携する不動産会社があり、さまざまな土地の物件情報をご紹介することが可能。
当然、建築費用も踏まえた上で、全体の予算を超えることのない土地を探し、ご紹介することができます。
家を建てるために適した土地かどうか、判断できるメリットは言うまでもありません。

 

 

西城建設では、条件に合った土地情報があった際、お客様と一緒にその土地を見て、良し悪しを判断して、アドバイスします。
周囲の状況も踏まえ、地盤改良の要否懸念点など、家づくりの観点からお伝えすることもできるのです。

 

土地を買って注文住宅を建てたい」という方もぜひ、住宅会社である西城建設へお越しください。
お客様の予算を伺った上で、雨楽な家を建てるために最適な土地を探します。

 

次回は諸費用に関して説明した上で、「資金計画」の重要性をお伝えします。

TOPページにもどる