ブログ

ブログ2019.10.29

施工事例:雨楽な家で表現する洋テイストの家〜豊田市T様〜

西城建設の自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例。
今回は、豊田市T様邸をご紹介します。
 
T様邸は、家族が同じ時間を過ごすリビングやダイニング、キッチンにこだわりを詰め込んだ家
 
キッチンは奥様のご希望でL型のものを設置しました。
ブラウンを基調とした落ち着いた雰囲気が素敵ですね。
L型キッチンはシンクとコンロを移動する際の動線が短くなるのがメリットです。
調理や洗い物では効率的な作業が可能な上、十分な広さを確保しているため、余裕を持って動くことができるでしょう。
 

さらに、L型の一辺は対面式のオープンキッチンに。
キッチンにいながら、リビングで過ごすご家族とコミュニケーションがとれます。それが対面式の魅力です。
キッチン前にカウンターも設置したT様邸では、バーのような使い方もできますね。
カウンターは折り畳み可能なため、使わないときは閉まっておくことでリビングをより広く活用できます。
ダイニングテーブルはキッチンと横並びに。
配膳や片付けが楽なのはもちろん、食事中にキッチンに行く用事ができた際も、楽に移動できそうです。
 

キッチンやダイニングについては、これまでの生活を思い出し、より便利で効率的に動けるよう工夫することが大切です。
ストレスフリーな空間が、ゆとりのある生活につながります
 
リビングは通常よりも広くとることで、家族皆が余裕を持ってくつろぐことができます。
テレビは壁付けで設置。
プランの段階から決まっていたため、配線を一切見せない施工にすることができました。
上部に配置したダウンライトも、雰囲気作りに一役買っています。
デッキなどを収納しておく造り付け家具、石の壁面のデザインは西城建設からの提案で、T様にも気に入っていただき、採用となりました。


 
趣味部屋には、ご主人のこだわりが存分に反映されています。
備長炭の黒い壁がシックな空間を演出し、床や柱は古びたバーを思い起こさせる色合い。
友人とのお酒が楽しめるよう、飾り棚も設置しました。


 
玄関の丸窓は、OB様邸を見学した際にT様が気に入られ、取り入れました。
京都源光庵にある「悟りの窓」のような丸窓。
丸窓越しの景色は、通常の窓から見えるものとは違った趣があります。


 
雨楽な家は、日本の伝統と文化の継承を重視していますが、純和風の建物ばかりを建てるわけではありません。
T様からは、雨楽な家でありながら洋風に仕上げてほしいというご要望がありました。
デザインのテイストは、自由にリクエストしていただくことが可能です。
外壁のサイディング、リビングの天井に貼った白い和紙など、素材や色の工夫で洋テイストの雨楽な家が完成しました。
 

TOPページにもどる