ブログ

ブログ2020.03.24

建て替えとリフォーム

今回はタイトルの通り、「建て替え」と「リフォーム」について考えてみます。

 

古くなった家を建て替えるか、リフォームするかというお悩みを抱える方は、多くいらっしゃいます。
決して簡単に決断できるものではなく、何年もかけて検討される方もいます。

 

最初に申し上げておきたいのは、西城建設としては関係する方々の意思を尊重するということ。
新築もリフォームも行う西城建設ですが、どちらかをおすすめすることはなく、ご決断された内容、ご要望に応じて仕事を進めます。

 

一般的に建て替え、リフォームの特徴は、以下のように言われています。

 

建て替え

メリット
・プランニング(間取りや住宅設備など)の自由度が高い
・間取りや住宅設備に関する不満の多くを解消できる
・リフォームと比較して簡単に多額のローンを組める
・構造などに対する検査済証がもらえるため安全・安心
・地盤改良から対応できる

デメリット
・愛着のある建物を壊さなくてはいけない
・総予算(含諸費用)がリフォームと比較して高い
・工事期間がリフォームと比較して長い
・仮住まいや引越しが必要となる
・各種税金を支払う必要がある(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税など)

 

リフォーム

メリット
・愛着のある建物を壊さなくて済む
・総予算(含諸費用)が建て替えと比較して低い
・工事期間が建て替えと比較して短い
・仮住まいや引越しが必要無い場合もある
・各種税金を軽減することが可能(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税など)

 

デメリット
・建物の構造により、間取りの変更などには制約がある
・理想の間取りや住宅設備の全てを実現すると追加費用が発生することもある
・構造の補強や劣化部分の補修などで、リフォーム費用が高額になることもある
・後から必要な工事(シロアリ被害など)が判明した場合、費用が高くなる
・基礎、柱、梁などの主要構造をそのままとする場合、強度に不安がある

 

 

 

建物への愛着

建て替えのデメリット、リフォームのメリットに挙げられたのが、建物への愛着です。
建て替えとリフォームで悩まれるのは、まさに建物への愛着があるからにほかなりません。

 

数十年前に建てられた家。
建てた方にとって当時の思いや苦労、家族の思い出が詰まった家には相当の愛着があるはずです。
ご自身の判断で解体するならまだしも…、という思いもあるでしょう。

 

両親が苦労して建ててくれた思い出の詰まった家だからと、建て替えではなくリフォームを決断される方もいれば、大切な家の価値を感じつつも、構造への不安から建て替えを決断される方もいます。

 

 

冒頭の通り、建て替えかリフォームかを決めるのは簡単ではありません
そして、こちらから建て替えかリフォームのどちらかをおすすめすることもありません。
建てた人の思いがあり、これから住む人の思いがあり…、迷っている方がいる限りその意思を尊重したいのです。

 

家は人生そのものです。
たくさん考え、悩み、話し合い、何らかの決断を下せば良いのではないでしょうか