うらく通信

うらく通信2021.02.15

2021年2月

こんにちは。雨楽な中西です。
緊急事態宣言が延長され、お家時間が増える中、改めて考える事があります。

 

「靴を脱いで家に入る」という日本の生活習慣です。
ライフスタイルや食生活がどんなに欧米化しても、この文化は揺るぎません。
靴を履かない環境だからこそできる床座スタイルの生活は、自由な姿勢でくつろぐことができます。
家具が少なく済み、スペースをフレキシブルに使えて大勢の来客にも対応可能。
子供たちは自然と「正座」を身につけ、日本の文化を受け継いでくれることでしょう。

 

家族もゲストも集まりたくなる床座スタイルの家を「雨楽な家」で実現してみてはいかがでしょうか。

 

来月は完成見学会がありますので、楽しみにしていて下さいね。

 

 

 

▼今月の雨楽通信はこちら▼