ブログ

ブログ2018.01.30

中学生の体験学習について

西城建設では、数年前より中学生の体験学習の受け入れ施設のひとつとして、中学生数名に、家づくりを体験してもらっています。

 

もともと中学校の先生の家づくりのお手伝いをさせて頂いたことが契機となり、西城建設での中学生の体験学習が始まりました。当初の数回は、「雨楽な家」のモデルハウス内で、家づくりに関しての説明や日頃の業務についてお伝えしましたが、現在では実際に工事現場で体験学習を実施しています。

 

今日は、先日の体験学習の模様をお伝えします。当日の現場は、ご夫婦が共に学校の先生をされているお施主様のお住まい。古民家の大規模リフォームの現場に中学校の男子生徒3人と一緒に向かいました。

 

今回は2日間で、ウッドデッキづくりの作業をお手伝いしてもらいます。最初に現場内の説明をして、実際の作業に取り掛かります。最初、生徒たちは緊張で硬い表情でしたが、大工さんたちも優しく指導してくれるので、徐々に作業を飲み込んで動きも柔軟になっていきました。普段なかなか目にする事のない大工道具や機械類の使い方などを教えてもらい興味津々の生徒たち。最終的に2日間で、ウッドデッキがほぼ完成しました。

 

PB140001

 

PB140023

 

PB140028

 

PB140006

 

PB140098

 

PB140184

 

PB140272

 

PB140300

 

PB140280

 

PB140295

 

8-11

 

今後も、中学生体験学習の受け入れ施設として、子供たちや地域のお役立てられたらと思っています。この経験を通して、将来子供たちが建築関係のお仕事に就いてくれたら嬉しいですね