ブログ

ブログ2017.07.18

額田郡幸田町T様邸・後編|岡崎・安城・豊田・蒲郡・常滑「雨楽な家」専門店 西城建設

前回(https://saijoukensetsu.com/blog/0713 ‎)は、「雨楽の家」額田郡幸田町T様邸のキッチン周りやトイレといった内観を中心にご紹介させて頂きました。

今回は、外観とともに屋根や玄関、土間、そして、皆が笑顔になれる特徴的な表札についてもご説明致します。

 

 

5-1

 

 

T様ご夫婦のご希望により、鬼門などの家相にも配慮した間取りで、外観は凹凸の無いシンプルな長方形の平屋建て和風住宅となっています。

屋根には耐久性があり、軽量で建物への負担が少ないガルバリウム鋼板を使用。コストを抑える効果もあります。

軒先を深くしたいとのご要望により、玄関の庇を通常より長く設計

豪快で印象的なポイントとなっています。

そして、手前に設置された「」の文字の入った表札

 

 

5-2表札モザイク画像

 

 

5-3表札モザイク画像

 

 

皆が常に笑顔で暮らせる家庭でありたい」、「友達が来ても笑顔になれる家でありたい」との施主T様ご夫婦の想いが込められています。

玄関を開くと広がるのが土間

施工上、本物の土を利用できなかったため、コンクリートに色粉で混ぜて土風に仕上げ、左官さんの技術が駆使された土間が完成しました。

 

 

5-4

 

 

今後も西城建設がお手伝いをしました「雨楽な家」の施工事例を継続してご紹介していきます。

ホームページには、施工途中の「雨楽な家」もご紹介しています。

よろしければ、是非ご覧くださいませ。

施工途中の「雨楽な家」

https://saijoukensetsu.com/construction