ブログ

ブログ2018.05.22

息づく伝統、漆喰壁の家:豊橋市T様邸・後編

前回(https://saijoukensetsu.com/blog/20180517)につづき、伝統的な自然素材を使い大勢の人が機能的に使える工夫をこらした、豊橋市T様邸をご紹介します。

 

T様のご両親が30年以上前に建てられた家は、新築時から基礎が割れ、屋根の真ん中が落ちているような欠陥住宅だったそうです。そのため、次は失敗しないように信用できるところで、という思いは非常に強いものがありました。
ご両親が納得いくまで、何度も打ち合わせを繰り返し着工。着工後も、頻繁に現場に来ていただき、「雨楽な家」ができる過程をじっくり見てもらいました。完成した家は、その期待通りの快適さに、ご両親にも大変満足していただいています。

 

T様邸のキッチンは、通常のサイズよりも50cm程長いオーダーキッチンに。法事など、大勢の人がキッチンに立つといった時でもストレスなく作業することができます。
法事の際には広い部屋も必要になりますが、6帖間2部屋をつなげて続き間にすることで解決。多くの人が一同に会せる空間としたのです。

 

5-1

 

5-2

 

5-3

 

また、T様のお母さまはお花の先生の経験があるそうです。家の中には、花を飾る空間が所々に。お花の先生だっただけに、選んでいただいた和紙の色使いも見事です。

 

漆喰の壁で良好な空気環境が保たれているおかげか、元々喉が弱かったお母さまも快調そのものとのことです。
ライフスタイルや家族の行事を考え抜いた上で完成した「雨楽な家」。人にやさしく、暮らしにやさしい、西城建設が建てる自然素材の家です。

 

ホームページには、その他にもたくさんの施工事例が掲載されています。下記URLからチェックしてみてください。

 

【施工事例:内観写真集】
https://saijoukensetsu.com/gallerycat/inside