ブログ

ブログ2018.06.12

雑貨屋をイメージした家:岡崎市A様邸

西城建設の自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例のご紹介です。
今回は、無垢の木と漆喰が気持ちいい和モダンな家。日本の風土に合った岡崎市A様邸です。

 

A様は、展示場で開催した見学会に来場。当社の雨楽な家を気に入っていただき、土地探しからスタートしました。
気に入った土地が見つかるもあと一歩で断念したこともありましたが、それでもあきらめずに探し続け、奥様の実家に程近い場所で理想の土地が見つかり即決定しました。結果的には最初の土地よりも好条件で、こちらに決めて正解だったようです。
土地探しも本当に重要。タイミングなど難しい面もありますが、あきらめずに探し続けたのがよかったですね。

 

A様が建てた家、実はOBの方の家とほぼ同じ間取り。OB宅を訪問された際にその家を気に入り「このまま建てて」と依頼されたのでした。
私たちが建ててきた多くの雨楽の家。そのたくさんの施工実績を参考にしてご自身の家を検討するのも楽しいですね。

 

細かな部分の素材、パーツにA様のこだわりポイントがあります。
例えば、玄関。通常、玄関にはアルミを使うことも多いのですが、A様邸は無垢材で特注しています。
またキッチンの引き出しや扉も無垢材を使用しているのです。木製建具の取手にいたるまでこだわりの仕様に。

 

3-3

 

3-2

 

また、キッチンの背面、トイレや2階洗面室の腰壁には白色タイルを貼っています。
洗面ボウルや水栓金具は、海外製品を取り寄せて設置。随所にこだわって選んだ素材パーツを配置しているのです。

 

3-5

 

3-4

 

無垢材や白色タイル、海外製パーツがバランス良く融合し、当初のリクエストである「雑貨屋さんみたいに仕上げてほしい」を叶えた家。
自然素材を使い、こだわりのポイントを家じゅうに散りばめることで、いつまでも飽きない、心と体にやさしいA様邸です。

 

3-6

 

3-1

 

ご家族構成:ご夫婦+お子さん2人の合計4人
建物種別:二階建て
延床面積:105.99平方メートル(32.06坪)