ブログ

ブログ2018.08.09

「守りたい」それが家づくりという仕事

家を建てることは、その家族を守ること
全力で守らなくちゃ。

 

 

家を建てるという決断は当然、簡単なものではありません。
夫婦、両親、子ども、親戚…、さまざまな人の考えも関わってくる中、最終的に、家を建てる、自分の理想の暮らしを手に入れよう、と決断するわけです。

迷いや葛藤、自問自答を繰り返すのは当然ですし、ときには家づくりを考えることに疲れてしまうこともあります。

さまざまな思いを越えてたどり着く、お客様にとっての家づくりと新しい暮らし。

私たちはお客様を守りたいと強く思います。
家を建てることで台風や地震から守ることはもちろん、住む環境や日々の暮らし、その人生を全力で守ることを大切にしています。
引き渡しのとき、涙を流し、別れを惜しむぐらいの心配りをすることが、私たちの使命だと考えています。

 

 

 

それこそが私たちの求める人と人の関係を大切にした家づくりです。