ブログ

ブログ2018.08.23

木造力を活かす、軸組・真壁の家:豊田市M様邸

西城建設の自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例のご紹介です。
今回は、モダンな雰囲気を放つ、豊田市M様邸をご紹介します。

 

 

家づくりを検討し、さまざまなハウスメーカーの建物を見ていたM様。
ただ、なかなかピンとくる建物に出合えなかったそうです。
そんな中、通りがかりに訪れた西城建設の展示場で、雨楽な家に一目惚れされたのです。

 

 

M様からのご要望で驚いたのが、結婚式のときの寄せ書きを壁に貼りたい、というもの。
最初はどういうことかわからなかったのですが、実物を見て納得!
縦2m、横4mという大迫力の和紙に、「寿」という達筆が見事に描かれていました。
この和紙を貼った大きな壁、結婚を祝ってくれた方々がいつも見守ってくれているようで素敵ですね!

 

 

オートバイが趣味でもあるM様。雨楽な家の特徴のひとつでもある「土間」が一役買いました。
土間スペースは、オートバイや自転車、趣味の道具を置くのにも最適です。
M様は土間を広くし、入口を2か所設けることで、その駐輪スペース移動のしやすさを手に入れました。

 

 

お茶を習う奥様のご要望で、茶室も設けたM様邸。
丸窓を採用し(当社の丸窓採用第1号です)、千本格子の障子を付けることで、茶室の雰囲気を存分に味わえるようにしました。

 

 

また、奥様は習字の先生でもあり、2階のフリースペースは教室としても利用されています。

 

「雨楽な家」という名前に込められた、茶の湯にも通じる“日本の伝統・文化・美意識を受け継ぐ”という思い、そこに共感くださったM様。
ご夫婦の思い、ライフスタイルを見事に反映した雨楽な家です。

 

M様邸の完成見学会に訪れた4組のお客様。
その4組様全てが、後に雨楽な家を契約してくださったことも、M様の家の魅力を物語っていると言えるでしょう。私たちの家づくりの信念への自信にもつながりました。

 

ご家族構成:ご夫婦2人
建物種別:二階建て
延床面積:114.28平方メートル(34.57坪)