ブログ

ブログ2018.08.14

土地から考える家づくり

家を建てるのに最適な土地はどこか。
雨楽な家の良さを存分に味わうには、どのような場所に建てるべきか。
 
緑豊かな広い敷地、駅に近い場所、狭小地であっても落ち着いた住宅街で暮らしたい…。
家を建てるための土地、それを決めるための要素はとてもたくさんあります。
土地の当てはないけれど家づくりには興味がある、良い土地があればすぐにでも家を建てたい。
私たちは、そんな、土地探しから始める家づくりのお手伝いも、積極的に行います。
 

 
岡崎市はもちろん豊田市、安城市、幸田町など、三河地域に根付き、長年家づくりをしてきた西城建設だからこそ、地元の不動産情報は入手しやすい環境にあります。また、取引のある不動産会社やこれまでに雨楽な家を建てたお客様などから、公になる前の情報が入ってくることもあります。
 
条件の合う土地の情報を入手したときに大切にしているのは、お客様と一緒にその土地を見て、良し悪しを判断するということ。
 
土地だけでなく、周囲の状況も見ることで、地盤改良の要否や懸念点など、わかっていることを全てお伝えすることができます。
だから、仮にお客様が気に入った土地であっても、周辺環境や土地の状況から判断しておすすめできない場合、はっきりとそのことをお話します。
 

 

 

 
ただ、土地は第一印象で決断することが大切なのも事実。
何度か見るうちに印象が良くなり、その土地に決めるということはあまりありません。
ご夫婦の場合、二人の第一印象が一致して「この土地に家を建て、住みたい」と思うことが大切です。
長い時間がかかったとしても、二人揃って最初から「ここだ」と思える土地を探しましょう。
 
土地探しは苦労した方が良い。
これから選ぶその土地は、一生暮らす可能性のある場所。
少なくとも、お客様の人生において長い時間を過ごすことになる場所、環境です。
お客様にはぜひ「納得」してその土地を購入してほしいと思うのです。
 
土地探しに時間がかかることをいやがるお客様もいらっしゃいますが、焦る必要はまったくありません。
家づくりに向けた情報収集、家族にとって本当に必要な家とはどんなものか、それをじっくり考えることができるということ。
「ここに住みたい」そんな土地に出会うまで「こんな家に住みたい」を一緒に考えましょう。
 
納得の土地に建てた、納得の家。
雨楽な暮らしを送るために大切なことです。