ブログ

ブログ2018.09.20

三角の土地を生かした個性的な間取りの家:岡崎市H様邸

西城建設の自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例のご紹介です。
今回は、白が映える岡崎市H様邸をご紹介します。

 

 

ご自身の敷地での建て替えを予定していたH様。
西城建設のモデルハウスに来場され、家づくりの検討が始まったのです。

 

ただ、そこから音沙汰なし。かなり長い間、さまざまな検討を重ねていたようです。
それもあって、ある日突然かかってきた「相談に乗ってください」という電話には驚きました。
検討を重ねた結果、西城建設の雨楽な家に決めていただいたとのこと。
敷地の調査、資金計画の打ち合わせなどを経て、契約に至ったのです。

 

 

プランを考える際、H様がどうしても外せないとおっしゃったのが井戸
敷地内に井戸があり、家が建ってから井戸の上を人が踏むことのないように、その場所は押し入れにしてほしいとのことでした。
また、土地が三角形だったこともあり、その間取りは個性的なものになりました。

お風呂の壁と天井はヒノキ風のパネル、床はタイル貼りで和の雰囲気を演出しました。

 

 

ロフトは畳を敷き、ご主人の書斎に。
1階和室の押し入れは収納する物に合わせて間仕切りを、2階廊下には作りつけの本棚を製作するなど、収納にもこだわったH様邸です。

 

 

ご家族構成:ご夫婦+お子さん+ご主人のお父様の合計4人
建物種別:二階建て
延床面積:135.81平方メートル(41.09坪)