ブログ

ブログ2018.09.25

お客様の声:岡崎市T様 前編

雨楽な生活を始めて1年が経った岡崎市Tからのメッセージを紹介します。

 

夫婦の両手に溢れるほどの要望と、限られた予算
私たちの家づくりの日々は決して楽しいばかりではありませんでした。こんなに夢を削ってしまってこれからの生活が楽しくなるのか、なんて不安に押しつぶされそうになる夜もありました。

 

そんな私たちをいつも元気づけ、無理難題に真正面から向き合ってくれた中西さん。いつしか中西さんの「美しい」「潔い」という言葉にのせられている私たちがいました(笑)

家の中心に大好きなヒノキの列柱が10本並び、吹き抜けの真ん中にはこだわったタモ材のすのこ廊下。キッチンから吹き抜けの窓を見上げれば、移り行く季節を感じることができます。
小さいながら、のびやかでおおらかな家を建てることができました。

 

 

 

漆喰には汚れがつき床は傷だらけ。それでも赤みを帯びた柱がいつしか黄色くやわらかな色に変わり、白っぽかった床が日に日に焼け、あめ色に変わっていく毎日です。暮らし始めた頃よりも今の家が断然好き

 

 

 

きっと月日を重ねるごとにますます変化を楽しめる家なのだと思います。

 

次回もT様からのメッセージです!