ブログ

ブログ2018.10.30

木のアプローチが楽しい家:蒲郡市S様邸

西城建設の自然素材をふんだんに使った木の家「雨楽な家」の施工事例のご紹介です。
今回は、お家の外空間にも木を多用した蒲郡市S様邸です。

 

S様との出会いは現場見学会
折込チラシを見て、ご来場いただきました。
実はこのときのS様夫妻、「騙されはしないだろうか…」と不安がいっぱい。
それでも、私たちの考え方に共感していただき、契約となりました。

 

 

S様邸は、洋瓦を使った茶色の屋根とオレンジの外壁で、雨楽な家の中でもよりナチュラル志向の雰囲気。
建物の周りはウッドデッキが囲みます。

 

 

また、アプローチもコンクリートではなくウッドデッキに。外周りと建物は、ナチュラルでいてどこかカワイイ雰囲気の家です。

 

室内でのこだわりはキッチン。天板をタイルにして明るい印象を受ける場所ですね。

 

 

S様には、入居後にたった一つ後悔していることが…。
それが玄関なんです。

 

 

玄関から部屋が丸見えになることは避けたいと、普通の家のように玄関ホールをつくりましたが、モデルハウスのように土間とリビングがつながったオープンな間取りにすれば良かったと、住んだ後に感じたそう。
「壁を壊したい」というコメントもあり、ひょっとしたら近い将来リフォームのご依頼があるかもしれません。

 

住んでみなければわからないこともあるのが、家づくり。
モデルハウスやさまざまな建築事例を見ることはもちろん大切ですが、実際に住んでみた人の感想やコメントを聞く機会があれば、積極的に情報収集してみるのが良いでしょう。

 

雨楽な家を建てた多くのOB様のお声については、これからもどんどんご紹介していきますので、お楽しみに。

 

ご家族構成:ご夫婦+お子さん3人の合計5人
建物種別:二階建て
延床面積:118.42平方メートル(35.82坪)