ブログ

ブログ2019.03.12

新築に勝るリフォーム・リノベーション

西城建設では、リフォームやリノベーションのご要望にお応えすることもあります。
家族のかたちや暮らし方が変わったり、ちょっとした不便さがあったりと、雨楽な家をリフォームすることもありますが、古くなった既存住宅を“快適な住み心地の雨楽風”にリノベーションしたこともあります。

 

雨楽な家の暮らしは、新築でなくても手に入れることができるんです。

 

 

リフォーム・リノベーションが必要な家は増える

 

築古物件の増加や、中古住宅の流通が盛んになったことで、リフォームやリノベーションのニーズは、年々高まっています。
少子高齢化や経済状況の変化により、「家」に対する考え方が少しずつ変化してきているとも言われ、今後も需要は伸びると予測されています。
リフォーム、リノベーションの目的は、住宅設備の一新や間取りの変更見た目を新しくしたい家の雰囲気を変えたいなど、規模も内容もさまざまです。

 

住宅設備に関しては、日々新たな製品が開発されるため、不便さの解消、メンテナンス性の向上などを目的に、比較的気軽に検討できるものとも言えるでしょう。
一方、家そのものの見た目を新しくしたり雰囲気を変えることは、大がかりな工事が必要となり、ある程度の費用と期間が必要です。

 

(「リフォーム」「リノベーション」という言葉に厳密な定義はありません。ここでは、広い意味での住まいの改修を指して「リフォーム」既存住宅を新たな住まいにすることを指して「リノベーション」と呼んでいます)

 

 

 

新築に負けない、魅力的なリノベーション

 

大がかりなリノベーションを希望されるお客様から、よく言われる言葉があります。

 

「新築の方がいいですよね」

 

老朽化した建物に手を加えて新しくするという意味でとらえれば確かに、新築に近い状態に「戻す」ということでもあり、新築には敵わないというお考えもあるのでしょう。
でも西城建設はこう考えるのです。

 

「絶対に新築に負けない家にする」

 

 

 

リノベーションを希望されるお客様は、「なんとなく新しくなればいい」と、工事が終わった後のことをあまり想像していないことが少なくありません。
具体的なイメージがないからこそ、はっきりとした要望がないことも多いのです。
そこには、新築には敵わないだろうという思いもあるのかもしれません。

 

住み心地や快適性、見た目が向上するのは当然のことです。
西城建設では、リノベーションであっても、ゼロから雨楽な家を建てるのと同様に、その人がどのような暮らしを望み、どのような家族でありたいのか、どのような家であれば喜びを感じるか、とことん考え、聞くようにしています。

 

そして、絶対に新築に負けない価値のある家をつくり上げます。

 

既にある建物に手を加えるため、新築よりも難しさがあるのも事実です。
残念なことに、壁を壊してみたら柱が途中までしかない、部材が足りないという家もあったりするのです…。
やってみないとわからないのがリノベーション
だからこそ私たちは“家をつくる”仕事の醍醐味をそこに見出します

 

今ある家、それまで暮らしてきた歴史を大切にしつつ、新築を超える価値を手に入れられるのが、西城建設のリノベーションです。

 

 

 

 

リフォームやリノベーションは、住宅メーカー、住宅設備・建材メーカーなど、さまざまな会社が手がけますが、おおよそ半分は地域の工務店が担っています。
どこに頼んでいいかわからないという方はぜひ、西城建設にお問い合わせください。

 

モデルハウスで雨楽な家を体感し、「こんな家に住みたい!」と、既存住宅をリノベーションされた方もいます。

 

リフォーム、リノベーションの実績は、こちらからもご覧いただけます。
https://saijoukensetsu.com/gallerycat/renovation