ブログ

ブログ2019.05.30

二世帯家族が仲良く暮らす家〜豊田市H様〜

西城建設の自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家施工事例
今回は、豊田市H様邸をご紹介します。

 

 

H様邸の特徴は、何といってもシックな黒色の外観。
ガルバリウムの外壁が、落ち着いた和風住宅の雰囲気をより一層高めています。
窓の格子や、軒先の列柱に使われたこげ茶もアクセントに。

 

 

明るい色も多い雨楽な家ですが、最近はこのような重厚感のある仕上がりも増えてきているように思います。

 

二世帯住宅のH様邸。
黒色は、同居される奥様のお母様のご要望によるものでした。
シューズクロークのある広い土間や、1階のトイレも黒を基調としています。
家全体が、黒色の持つシックかつスタイリッシュな雰囲気を楽しめる空間となっているのです。

 

 

玄関アプローチは、軒の深い開放感のあるつくり。
ガレージから雨に濡れることなく玄関に入ることができるのも、この家の特徴です。
さらにガレージ後方には勝手口も設置。
もちろん濡れずに入ることができるため、買い物から帰ったときも天候を気にする必要がありません。

 

H様邸では、平屋部分がお母様、二階建て部分がご夫婦とお子さんの生活空間です。
平屋部分も雨楽な家特有の木架構構造が見えるつくりで、十分に開放感を感じることができます。

 

 
 

また3人のお子さんの部屋は、全て同じつくりに。
3人仲良く暮らしてほしいという思いから、壁は作らず、引き戸で仕切られています。
造作の棚にホワイトボードなど、楽しく過ごせる工夫も盛りだくさんで、3人が行ったり来たりしながら仲良く遊ぶ姿が目に浮かびますね。

 

 
 
キッチンにあるカップボードは、引き出しの深さや幅など、全て奥様の指定サイズで製作。
決まっていたのはゴミ箱だけでした。
家事に関わる部分は、このようにある一か所の基準を設けた上で、ご自身に合うように設計することも、住み心地の良さにつながるポイントかもしれません。

 

 
 
飛行機と列車がお好きなご主人のため、ショーケースの趣味空間もしっかりと確保しました。

 

 
 
洗面所の手形タイル、玄関やロフトのガラスブロックなど、随所にアクセントを施した遊び心も忘れないH様邸です。

 

もともと、同じ敷地内にある別の建物で暮らしていたお母様とご夫婦世帯。
二世帯住宅を計画し、数年かけて検討されてきました。
現場見学会OB宅訪問展示場来場など、雨楽な家の魅力を十分に知ってもらった上で、西城建設に家づくりをお任せいただきました。

 

基本プランは西城建設、最終プランは奥様が動線などを熟考して決定しましたが、部屋の配置自体は具体化されていたため、全体としては比較的スムーズにプランが進んだH様邸です。

 

黒色を好まれたお母様、家事動線やキッチンまわりにこだわった奥様、趣味空間を大切にされた旦那様、そして楽しく過ごせるようにと願いが込められたお子さんたちの部屋。

 

H様邸のように、住む人全員が満足して豊かな暮らしを送るをつくることが、私たちの仕事です。

ぜひ皆さんも、理想の暮らし、ご自身の好きなことを実現する空間を思い浮かべ、私たちにお伝えください。

 

ご家族構成:ご夫婦+お子さん3人+奥様のお母様の合計6人
建物種別:2階建て(二世帯住宅)
延床面積:139.94平方メートル(42.32坪)

TOPページにもどる