ブログ

ブログ2019.08.22

直感と実感と五感の家

家づくりを考え始めるのはどのようなときでしょうか。
 
「子どもが生まれ、アパートが手狭になったから」
「もっと広い家に住みたい」
「家賃が高くてもったいない」
「金利が安く、買うなら今!」
「家事動線のいい家に住みたい」
「災害のニュースを見て、耐震性を意識するようになった」
 
理想を思い描くものがある一方、それぞれ細かな事情はあるにせよ家族構成や状況の変化、今の生活の中にある不便の解消など、現実的な背景もあるように思えます。
 
もちろん、こうしたきっかけで家づくりを検討し始め、西城建設を知り、雨楽な家を建てた方は多くいらっしゃいます。
 
ただ、実際に家を建てた方によく言われるのは「モデルハウスに入って、他とは違うものを感じた」「初めて見た瞬間、ここに住みたいと思った」「最初は本気で考えていなかったけれど、家を見て建てようと決めた」などという言葉。
 

 
何度も面談を重ね契約に至ることもありますが、多くは初回面談である程度、気持ちを固めていただけるように感じています。
 
それはきっと、西城建設の雨楽な家を「直感」で良い家だと感じてもらえるからなのだと思います。
直感で良いと思える人にこそ、雨楽な家は合っているのかもしれません。
 
そこに理由はなく、また家づくりのきっかけとなった理想や現実的な要素からは一旦離れ、純粋に「この家に住むこと」を望まれるように思うのです。
 
こうして始まる家づくりは、打ち合わせを重ね、さまざまな要望を取り入れ、世界に一つだけの家が完成します。
ここで言われることが多いのが、「家をつくっている実感がある」というもの。
住宅会社によっては、お施主さまが何もしなくても家が完成することもありますが、西城建設では、家はお施主さまと一緒に建てるものと考えています。
どちらか一方的なものではなく、同じ方向を向き、同じ思いでつくり上げるべきだと思うのです。
お引き渡しの際、「打ち合わせが終わるのがさみしい」と言われることが多いのもきっと、お施主さまが実感を持って家づくりをしてきたからなのでしょう。
 

 
そして始まる雨楽な家での暮らし。
無垢の木と漆喰、自然素材をふんだんに使ったこの家の魅力は、何と言っても「五感」で感じることができる家だということ。
 
聴く、味わう、触れる、見る、嗅ぐ。
住む人は、五感を刺激される豊かな暮らしを営むことができます。
 
直感で決め、家づくりを実感し、暮らし始めて五感を刺激するのが西城建設の雨楽な家です。

TOPページにもどる