ブログ

ブログ2019.08.31

完成現場見学会のお知らせ!(岡崎市)

9月7日(土)、8日(日)の2日間、完成したばかりの西城建設の「雨楽な家」を体感できる見学会を開催します。

 

 

今回の家は、大黒柱と梁に丸太を使った風格漂う平屋住宅

全室、床にヒノキ、壁に漆喰を使った自然素材に囲まれた家です。

 

【完成現場見学会】

日時:9月7日(土)・8日(日)

時間:10時~17時

場所:愛知県岡崎市庄司田2丁目

駐車場あり

事前予約不要

 

建物データ

1階床面積      :60.45平方メートル(18.28坪)

間取り         :1LDK

 

この家の魅力は何と言っても、大黒柱と梁に使われた立派な丸太です。

大黒柱の直径はなんと60cm! 存在感のあるヒノキの丸太の柱が、家を力強く支えています。

 

 

雨楽な家では通常、柱や梁に丸太を使うことはありません。

基本はどちらも、四角く切り出した木材を使っています。

一方、古民家と呼ばれる家では使われていることも多いのが丸太です。

 

雨楽な家らしい木架構構造(柱などの垂直材と、梁などの水平材で構成される建築構造)の美しさを見せつつも、古民家の雰囲気が融合したこれまでにない家。

 

 

柱や梁の組み方には宮大工の知恵も注がれています。

構造材の組み方を見た、同業である工務店の方からも驚きの声が上がったほど。

暖かみのある丸太の形状が、雨楽な家の魅力を引き立てます。

 

注目のポイントは他にもあります。

ぜひご自身の目でお確かめください。

 

造作家具

テレビボード、リビングテーブル、キッチンボード、本棚などの造作家具は西城建設が得意とするところ。お客様からも大好評のおしゃれな家具です。家具だけでも見る価値あり!

 

書斎

平屋の構造をうまく活用し、ロフトに大きなスペースを確保。ご主人の書斎として利用されるプライベート空間です。

 

キッチン

キッチンはリクシルの「リシェルSI」を採用。天板を含め全て黒で統一された、美しいデザインのシステムキッチンです。表面硬度が高く、金属でこすってもキズが付きにくい天板「セラミックトップ」にも注目です。

 

 

コの字の家

LDKと寝室がコの字型につながる間取り。真ん中のスペースにウッドデッキを設置して、くつろげる屋外空間をつくりました。

 

備長炭の塗り壁

トイレの壁は備長炭を配合した塗り壁。備長炭が持つ吸着性や調質作用で、空気の質を良くします。

 

ヒノキの床、漆喰の壁

雨楽な家の特長であり基本仕様でもあるヒノキの床に漆喰の壁。自然素材に囲まれた快適な空気環境をご体感ください。

 

雨楽な家の専門店として西城建設が磨いてきた感性を、存分に生かした特別な一棟です。

皆さまのご来場をお待ちしております。

 

TOPページにもどる