ブログ

ブログ2020.10.20

施工事例:中庭を眺める町家~東浦町M様~

自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例。今回は、東浦町M様邸をご紹介します。

 

 

京都の町家をイメージしたM様邸。コの字型の間取りにして中庭にはウッドデッキを設けました。
(ウッドデッキはアルミの土台、ウリンの板でメンテナンス不要です!)
玄関を開けるとそこには丸窓が。中庭を眺められるこの丸窓は、ご夫婦のお気に入りポイントでもあります。

 

  

 

十分な広さがあるリビング。テレビを列柱に取り付けるのはいいアイデアですね。
収納家具と一体化したダイニングテーブルもおしゃれです。

 

  

 

M様邸の2階の天井高は1800mm。実はこの天井高、雨楽な家で建てる町家の基本スタイルなんです。
斜め天井のため、低さを感じることはありません。
(町家:1階2350mm・2階1800mm/通常の雨楽な家:1階2500mm・2階2200mm)

天井は高ければ高いほどいいというものでもありません。落ち着きや情緒といった面では、その空間にとってちょうどいい天井高がありそうです。

土地探しから始めたM様。土地購入までに1年ほどかかり、途中建売の購入も検討されていましたが、その後、無事に理想の土地が見つかり契約に至りました。
素敵な京風町家が完成し、私たちもうれしく思います。
今後とも、よろしくお願いいたします!

 

ご家族構成:ご夫婦+お子さん2人の合計4人
建物種別:2階建て
延床面積:117.00平方メートル(35.38坪)