ブログ

ブログ2020.11.26

施工事例:60畳のロフトがある平屋〜岡崎市S様〜

自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例。
今回は、岡崎市S様邸をご紹介します。

S様邸の特徴は、何と言っても広々としたロフト空間。雨楽な家は、ロフトを広くとれるため、最大限に利用しました。その広さはなんと約60畳!

 

読書スペース、お父様のシアタールーム、お子さんのセカンドルームなど、さまざまな目的で利用されているほか、家族みんなの収納スペースとしても活躍しているそうです。

 

 

 

 

雨楽な家では、建物価格を算出する際にロフトの面積分は含みません。これだけ広いスペースを確保できるなら、ご要望が多いのも頷けますね。ロフトを広く確保するポイントは、S様邸のように建物をシンプルな形状にすること。シンプルな外観と広々室内空間のギャップがなんとも素敵です。

 

 

リビングにはソファーを置かず、こたつの使用を想定。こたつを置く場所は、目の方向を変えた畳を敷き、見た目の色合いに変化をもたせました。ヒノキの床と畳、相性バッチリですね。リビングの畳、和室の畳は、和紙でできた畳おもてを採用しています。和紙を「こより」に加工して、交互に編み込んでつくる和紙畳。和室だけでなく、さまざまなインテリアに合わせて使用することができそうですね。

 

 

 

 

S様邸には家族みんなで使うウォークインクローゼットも設置しています。場所はお風呂や洗面脱衣室近くの廊下の両サイド。一部屋分のスペースがありましたが、家事動線や暮らしやすさを考えて収納スペースとしました。

 

断熱性能を向上させているのもこの家の特徴です。絶対条件の「暖かい家」を実現するため、寒冷地仕様の断熱材に変更しました。
平屋でありながら、トイレを2カ所設けているのも珍しいポイントですね。

 

雨楽な家に住む方からのご紹介で出会ったS様。実はハウスメーカーの高気密高断熱住宅を建てることがほぼ決まっていたそうですが、同じくらいの見積金額で柱・床がオール桧壁が漆喰という家ができるならそちらの方が良いと、西城建設にご興味を持っていただきました。
OB様宅を訪れて聞いた暮らしの感想などが決め手になったそうです。

 

 

S様ありがとうございました!
広々としたロフトのある大空間平屋の住み心地はいかがでしょうか。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

ご家族構成:奥様+お子さん1人+ご両親+祖母の合計5人
建物種別:平屋
延床面積:131.66平方メートル(39.82坪)