ブログ

ブログ2021.03.23

思い出に残る家づくり

一生に一度の家づくりマイホーム購入
特にそれが注文住宅であれば、お施主さんが関わる機会も多く、人生の一大イベントと言えるでしょう

 

間取りやデザイン、仕様を決めるために重ねる打ち合わせは、ときに悩んだり、迷ったりすることがあるかもしれませんが、終わってみればその一瞬一瞬はお施主さんにとっても、私たちにとってもかげがえのないものです。

 

お引き渡しの際、お施主さんから「打ち合わせが終わるのがさみしい」と言っていただけるのは、「家はお施主さんと一緒に建てるもの」と考えている私たちにとって、とてもうれしいこと。そして同じようにさみしさも感じるものなんです。

 

お引き渡しでは、西城建設からはもちろん、家づくりに携わった職人や業者からもあいさつします。
家づくりを共に進めてきたことへの感謝を示すとともに、家づくりに携わった一人一人を改めてお施主さんに知ってもらう貴重な機会。感謝の意を込めて、紹介させていただきます

 

お施主さんが参加するイベントには、地鎮祭上棟式もあります。
住宅建築を前に、工事の無事と安全、建物と家の繁栄を祈って行われる地鎮祭は、いよいよ家づくりが始まるという期待と、無事を祈る穏やかな気持ちが混ざり合う時間。
柱を立て、棟木を上げるまでの作業を行う上棟式は、建物の構造美を目の前にして感動する瞬間です。

 

 

 

 

何十年も住み続ける我が家が完成するまでの時間、打ち合わせやこうしたイベントも含めた一つ一つの過程が、皆さんの大切な思い出になることを私たちは願っています。

 

西城建設ではお引き渡しの際、家づくりの過程で撮影した写真を収めたアルバムをプレゼントしています。
ぜひお友達やご家族と家づくりの思い出話で盛り上がってみてくださいね!