ブログ

ブログ2021.04.20

リフォーム・リノベーションは建てた人の気持ちを大切に

西城建設では、お客さまのご要望によってリフォーム・リノベーション工事も施工しています。
お住まいに不自由を感じるようになった方、現在の建物を雨楽な家のような空間に一新したい方など、お気軽にご相談ください。

 

先日ご相談をいただいたのは、大工だったおじいさんが建てた家の増築・改修工事。廊下をなくし、大空間のリビングにしたいというリクエストでした。

話を聞くうちに感じたのが、亡くなった大工のおじいさんの気持ちを大切にしたいということ。
柱に、床に、建具に、当時のご家族を考え、「良い家を建ててあげよう」というおじいさんの思いが込められているはずです。
建物に手を加えても、そのおじいさんの気持ちは宿り続けるべきだと…。大規模な改修・増築になりますが、そんなことを考えながらご提案しました。

 

 

西城建設は雨楽な家の専門店ですが、「雨楽な家だからこれ!」と決まりきったご提案はしていません。
お客さまの住みたい家、暮らしたい空間を提供するのがわれわれの仕事であり、一番大切にするべきはお施主さまの気持ちを取り入れて家を建てることです。
たとえ「100%おまかせ」と言われても、西城建設の作品をつくるわけではなく、お施主さまの感性をどこかに盛り込んだ家を建てたいと考えています。

 

 

リフォーム・リノベーションであればなおさら、こちらから押し付けることはしたくありません。
当時のつくり手の気持ち、長年住んできた家族の気持ちを大切にした設計、提案がしたい。
雨楽な家のテイストを取り入れてもいいし、そうでなくてもかまわないのです。

 

 

新築と同様、「西城建設のリフォーム・リノベーションはこれ!」というのはありませんので、どうか自由なご要望をお聞かせください。

 

過去のリフォーム実例はこちらからもご覧いただけます。
https://saijoukensetsu.com/gallerycat/renovation