ブログ

ブログ2021.05.11

リフォームで居住空間を広げることについて

西城建設ではリフォームやリノベーションのご相談も承っています。
今回は、大規模なリフォーム・リノベーションの際にリクエストを受けることが多い「居住空間を広くする」ことについてお伝えします。

空間を広げる際には、ご想像の通り壁を壊す作業が必要になるケースが多くあります
もちろん、ご要望に応じて壁を壊して大きなリビングをつくることはありますが、実は大きく費用がかかるポイントでもあるのです。
壁を壊す作業に加えて必要になる廃材の処分、壊した場所をきれいな状態に戻す作業。
壁一カ所だけでも、それなりに大きな金額がかかってしまうものなのです。

確かに、壁や柱を取り去ってフルオープンの間取りにすると、空間が広くはなります。雨楽な家でも大空間の間取りは大きな魅力の一つ。
ただ、リフォーム・リノベーションにあたっては、空間を広げるのを何よりも優先するのでなければ、
現在の間取りをそのまま生かすのも大切な一つの選択肢だと考えています。

 

 

基本的には部屋が大きければ大きいほど、その中に入れる家具も大きくて立派なものにすることでバランスは取れます。
もちろんインテリアのデザインや考え方はさまざまですが、空間の広さに引っ張られて必要以上に立派な家具を置かなくてはならなくなるのは、
本末転倒ではないかと思うのです。

 

壁や柱を残したままでも、工夫次第で空間のつながり、部屋と部屋の一体感を生み出すことはできます。
リフォーム・リノベーションにあたり、お施主さまが本当に求めているものは何か。その間取りにはどのような思いが込められているのか。
じっくりとお話を聞き、家を建てた当時の意図と現在の理想をうまくミックスさせることこそ、満足度の高い住まいにつながるのではないかと考えています。

 

 

過去のリフォーム・リノベーション実例はこちらからもご覧いただけます。
https://saijoukensetsu.com/gallerycat/renovation