ブログ

ブログ2021.06.08

憧れのカウンターキッチン

ダイニング側にカウンターを備えた対面式キッチン。おしゃれな雰囲気に憧れを抱く方も多いのではないでしょうか。
無垢の杉やヒノキを使った自然素材の造作カウンターは、西城建設のお客さまからも好評です。

 

 

カウンターキッチンの用途としては、朝食などの軽い食事をとるためのスペース、お酒を楽しむバーカウンターなどをイメージされる方が多いようです。
ダイニングテーブルとは違う景色を眺め、キッチンの中にいる家族と近い距離でコミュニケーションをとりながら楽しむ食事やお酒なんて素敵ですよね。

 

 

もちろん、カウンターをダイニングテーブルの代わりにすることもあります。造作のカウンターは自由な大きさに仕上げられるため、
食事を並べられるよう大きめにつくれば十分にダイニングテーブルとしての機能を果たします。

カウンターをつくる際は、キッチン家電の使用も想定してコンセントの位置を意識すると良いでしょう。
もちろん動線も大切なので、キッチンを使う人、食事のとり方など、ご家族のライフスタイルも考慮するようにしましょう。

最近では、LDKをより一体的な空間ととられる間取りが増えており、「ダイニング」の存在は曖昧になりつつあります。
食事はカウンターキッチンやリビングでとり、あえてダイニングの空間を設けないことで、家の坪数を小さくできたり、リビングの空間を広くしたりというメリットもあります。

 

 

 

西城建設ではこれまで、さまざまな形状、デザインのカウンターを施工してきました。
自然素材のあたたかみを感じられるカウンターキッチンにご興味がある方は、ぜひ内観写真集もご覧ください。

https://saijoukensetsu.com/gallerycat/inside