ブログ

ブログ2021.06.15

自然素材の家で家事が楽になる!?

間取りやプランを考えるとき、家事動線や収納を重視される方は増えています。
家事動線に優れた間取りや、家族がストレスなく使える十分な収納スペースは、毎日のように実感する暮らしやすさのポイント。
中でも「洗濯」は、間取りによって快適さが大きく左右される家事のひとつでもあります。

浴室の横に設けた洗面脱衣室に洗濯機を置くオーソドックスな間取り。
ここを広くするだけでも使いやすくなりますが、空間を分けて機能を分散することでさらに快適さは増します。

ランドリールームやユーティリティスペースがあると、洗濯機をまわす・干す/乾燥・たたむ/アイロンをかける・しまう
という一連の流れが一カ所で完結し、家事はとても楽になりますね。
干す作業や収納のために、重い洗濯物を持って移動しなくて済むのは助かります。

 

 

共働きのご夫婦が増えたこともあり、室内干しや洗濯乾燥機の利用は一般的になりました。
花粉や黄砂、道路沿いであれば排気ガスなど、外干しのデメリットを避けるのも大きな理由。
中には、外干しスペースを設けない実例も出てきました。

もちろん、「室内干しはジメジメするイメージ」「晴れた日には、外でカラッと干したい」というお考えの方もいらっしゃいます。
ただ、雨楽な家にお住まいになり、「室内でもカラッと乾く」「ニオイが気にならない」など、室内干しのデメリットを感じないという感想を聞くことも多いのです。
ヒノキと漆喰に囲まれた雨楽な家。自然素材の優れた調湿作用のおかげか、室内は常に清々しい空気環境が保たれています。
雨楽な家の住み心地を「森の中で暮らしているみたい」と表現された方もいますが、こうした空気環境の良さは、毎日の家事にもメリットをおよぼすのかもしれません。

 

 

雨楽な家を体感したい方は、ぜひ一度、西城建設のモデルハウスにお立ち寄りください!