ブログ

ブログ2021.06.29

施工事例:ケヤキの大黒柱がある家~蒲郡市O様~

自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例。今回は、蒲郡市O様邸をご紹介します。

実はO様は、西城建設の取引先である木材会社の担当者。数百という取引先がある中、「使っている材料と骨組みを考えると西城建設の家づくりしかない」と選んでいただきました。
長い付き合いの中で、お客さまを思う私たちの姿勢も信頼していただけたようです。

リビングの大黒柱は、7寸のケヤキ。施工を担当した大工職人が、自身の家を建てるときのためにとっておいたものを譲り受けて使用しました。
西城建設の家でケヤキの大黒柱を使っているのはO様邸だけです。

 

 

布団で寝るため、床の一部を上げて畳を敷いた寝室。小上がりによって収納スペースも確保できます。

 

 

トイレは、天井に「あじろ」を貼って真ん中にさくらの木を据えた茶室を思わせるつくり。
手洗いの天板に用いた耳付きの無垢板も、和の雰囲気をより一層高めます。

 

 

 

階段は手すりを高くして可動レールを取り付け。本棚として使うことで、階段ホールは家族のライブラリーになります。

 

 

外壁はサイディングとガルバリウムの張り分けが特徴的。同系色ながら、異素材の組み合わせで、独特の質感に仕上がりました。

 

 

O様邸には地下室もあります。用途はご主人の趣味である銅細工(写真はO様の作品)。
周囲への騒音を配慮して、9帖の作業部屋を地下につくりました。

 

 

この家のプランはO様の友人である設計士によるもの。O様はもともと大工職人でもあったため、自ら建てることもおすすめしましたが、
「全て西城建設に任せたい。特別扱いはせず、他のお客さんと同じように接してほしい」というお返事があり、全面的に任せていただきました。

O様、ありがとうございました!

 

ご家族構成:ご夫婦+息子さんご夫婦の合計4人
建物種別:2階建て
延床面積:144.91平方メートル(48.83坪)