ブログ

ブログ2021.08.24

シンプルな形状の平屋が人気

世代を問わず暮らしやすい平屋が人気です。家族がワンフロアで過ごす生活、バリアフリーな間取りなど、
たくさんの方が平屋の暮らしに魅力を感じていることでしょう。もちろん、私たちもこれまでに多くの平屋の雨楽な家を建ててきました。
今回は、西城建設の平屋実例をご紹介したいと思います。

 

■シンプルな形状が人気

田園風景と大きな空がよく似合う、威風堂々とした外観が印象的な平屋。スペースを生かして大きなロフト空間も広がります。
こちらはご主人、奥様それぞれに専用のロフトを設けました。
仕切りを格子にすることで大空間としての雰囲気は損なわず、ご夫婦それぞれの自由な場所を確保しています。

 

 

 

こちらは三世代が暮らす大きな平屋です。勾配天井を生かした明るく開放的なLDKがなんとも心地よさそうですね。
日本伝統の木架構構造(柱などの垂直材と、梁などの水平材で構成される建築構造)が見えるのは雨楽な家の大きな魅力ですが、
よりダイナミックに「木造住宅」を感じられるのも平屋ならではないでしょうか。

 

 

 

どちらも外観はとてもシンプルな形状。だからこそ、室内空間を最大限に活用することもできます。
お客さまからは、こうしたシンプルな平屋を求める声も多数いただいています。

 

■平屋で発揮する個性

こちらはコの字型の平で、LDKと寝室をつなぐスペースにウッドデッキを設置しました。
LDKの他に6帖の寝室が1部屋、延床面積は18坪と決して大きくはありませんが、堂々とした佇まいになるのも平屋だからこそ。
直径60センチもあるヒノキの大黒柱、宮大工の知恵を注いだ構造材の組み方など、木造建築の魅力を凝縮した一邸です。

 

 

 

西城建設では珍しい(!?)、白い外壁の平屋。リビングには薪ストーブが鎮座し、まっすぐに伸びた煙突が屋根から顔をのぞかせます。

 

 

 

四世代が住まうこちらは、リビングを中心にして左右に居住空間を分けています。
ウッドデッキは道路側に目隠しの格子戸を設け、プライバシーを確保。緑の多いリビングと屋外空間が自然につながります。

 

 

 

雨楽な家の平屋にご興味がある方は、ぜひ西城建設までお問い合わせください。