ブログ

ブログ2021.08.31

施工事例:和紙を多用した住む人にやさしい家~岡崎市M様~

自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例。今回は、岡崎市M様邸をご紹介します。

 

玄関を入って正面に和室があるM様邸(西城建設の展示場と同じ間取り)。
和室はおしゃれな琉球畳を使用し、天井には紺色の越前和紙を用いた趣ある空間です。

 

 

リビングの天井や下駄箱も和室同様、和紙貼りに。繊維が無作為に絡み合った和紙は、光を乱反射させるはたらきもあり、
照明や日光をやわらかくして室内に広げる効果も期待できます。自然の植物が原料のため、人体に影響があるような有害物質も放出しません。
越前和紙は色の選択肢が豊富で、インテリアの幅が広がるのも魅力ですね。
桜色が美しい玄関土間は、モルタルに色粉を混ぜ合わせて仕上げています。

 

 

M様邸はリビング・ダイニングとキッチンの空間を切り分けているのも特徴です。
対面キッチンの上部には吊戸棚を取り付けました。リビング、和室の壁にはニッチ(堀込飾棚)を。
8寸の立派な大黒柱が建物を支えます。

 

 

 

階段ホールには家族で使える本棚も設けました。

 

 

M様邸着工と同時に決まったのが、ご主人の半年間の海外赴任でした。出発日は上棟式の2日後…。
出発目前のため上棟式は天候に関わらず決行してほしいというのがM様のご要望でした。
上棟式当日は夜からスーパー台風が上陸する予報でしたが、昼間は嵐の前の静けさで無事に工事完了。
夜に向けて備えていましたが、台風はなんと三河湾で消滅したのです。M様との家づくりでとても印象的な出来事です。

 

M様、ありがとうございました!

 

ご家族構成:ご夫婦+お子さん2人の合計4人
建物種別:2階建て
延床面積:104.33平方メートル(31.55坪)