ブログ

ブログ2021.10.19

施工事例:無垢板や杉板を多用した木のぬくもりにつつまれる家〜西尾市K様〜

自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例。今回は、西尾市K様邸をご紹介します。

 

 

土間と和室、リビングがつながる雨楽な家らしい大空間が魅力のK様邸。ダイニングは一段上げて掘りごたつにして、下部は収納スペースとしても使えるよう工夫しました。テレビは階段横にある定番の列柱に取り付けた上、配線を隠してスッキリとさせています。

 

 

 

リビングテーブルと土間の式台は無垢板を用いました。毎日使う身近な場所で、自然素材が持つ曲線の美しさを感じられるのは素敵ですね。

 

 

和の雰囲気がお好みのK様。2階寝室も畳としたほか、寝室やトイレの窓にも障子を使いました。ご主人が大好きだという杉板は1・2階トイレの腰壁に採用。階段の手すりも杉板貼りにしています。

 

 

 

ご主人は以前、瓦メーカーに勤務されていたことがありご自宅の瓦にもこだわりました。使用したのは軽量防災瓦。陶器瓦を軽量化させたもので、ズレや脱落に強く、地震や台風の際も安心の瓦です。

 

 

ホームページをご覧になって来場されたK様は、すぐに雨楽な家を気に入られて、1回の面談でお申し込みいただきました。

お引き渡しから数年経ちましたが、お客様邸見学会の開催時はいまだに足を運んでいただいています。

 

K様、いつもありがとうございます!

 

ご家族構成:ご夫婦+お子さん2人の合計4人
建物種別:2階建て
延床面積:110.13平方メートル(33.30坪)