ブログ

ブログ2021.12.21

施工事例:柱が並ぶ個性あふれるインテリア。吹き抜けにも将来像が〜岡崎市T様〜

自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例。今回は、岡崎市T様邸をご紹介します。

 

T様がご希望されたのは西城建設の展示場と同じ間取り。展示場の建物をベースに設計を進めていきました。土地の関係でキッチンの向きは展示場と変わりましたが、リビング階段や列柱は同じつくりです。

 

 

展示場をご覧いただいたことがある方は階段横の列柱、ご記憶にあるのではないでしょうか。T様にはこの列柱を大変気に入っていただき、キッチンの横にも設けました。階段横の列柱には壁掛けテレビを取り付けています。

 

 

吹き抜けは4.5帖の広さがあります。寒さを防ぐため、2階の吹き抜けを囲む部分には窓を取り付け。これも展示場と同じ仕様です。またこの吹き抜けは将来、子ども部屋を設ける予定で設計した場所で、近く床を張るご依頼もいただいています。

 

 

 

トイレは西城建設の定番、備長炭が塗り込まれた壁に、黒のタイルで仕上げました。備長炭の壁は調湿や消臭効果があり、空気環境を整える効果があるほか、落ち着いた雰囲気も演出してくれます。

 

 

外構のアプローチは、車椅子を上げられるよう段差が小さく幅が広いつくりに。奥行き感を出すため、あえて折れ曲がったアプローチにしています。

 

 

西城建設の折込広告がきっかけで展示場に来場されたT様の家づくりは、土地探しからお手伝いさせていただきました。
完成見学会に来場いただいたこともあるのですが、偶然にも奥様同士がお知り合い。こんな出会いがあるのかと、大いに盛り上がったことを覚えています。

 

実は数年後、奥様のご両親の家も建てさせていただきました。娘さんが住む雨楽な家を見て、「私たちも建てたい」とお考えになったようです。

 

T様、ありがとうございました!

 

ご家族構成:ご夫婦+お子さん2人の合計4人
建物種別:2階建て
延床面積:95.22平方メートル(28.80坪)