ブログ

ブログ2022.03.29

施工事例:大空間リビングの洋風雨楽な家〜岡崎市S様〜

自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例。今回は、岡崎市S様邸をご紹介します。

 

雨楽な家の中ではどちらかと言うと少数派となる洋風の建物。ネイビーとホワイトの外壁に、木のアクセントが映えるさわやかな外観です。S様のリクエストは片流れの屋根と大きなベランダ。南側と北側に広々としたベランダを設け、片流れ屋根の小屋裏にロフトスペースを設けました。

 

 

 

リビングは25帖の大空間です。S様邸はリビングにピアノを設置していますが、これだけ広ければ大型のモノを置いてもゆとりある暮らしが送れそうですね。リビングの一画には造り付けの棚を設けて、ワークスペースとしました。腰板や天井に配した木によって、より一層ナチュラルな空間をつくりだしているのも特徴です。

 

 

外観は洋風ですが、土間とリビングが一体になる「土間リビング」は日本家屋の伝統的なスタイル。お子さんの遊び場や収納スペースとして多目的に使える上、夏場は自然な涼しさを感じられるのも土間の魅力です。S様邸の土間はシューズボックスのほか、棚とハンガーポールも設置しました。限られたスペースでもこうした工夫で収納力を高めることが可能です。
階段ホールには手すりにガラスをはめた本棚。空間の有効活用によって、家族で使える小さなライブラリーができあがります。

 

 

 

某ハウスメーカーで契約寸前だったS様は、OB様の紹介で西城建設の展示場に来場されました。契約寸前とはいえ、そのハウスメーカーでは大空間の実現が難しい点が引っ掛かっていたS様。雨楽な家の大空間に魅力を感じていただき、来場からわずか1週間でご契約となりました。

 

S様ありがとうございました!

 

ご家族構成:ご夫婦+お子さん2人の合計4人
建物種別:2階建て
延床面積:108.39平方メートル(32.78坪)