ブログ

ブログ2022.06.28

施工事例:三世代の住まいに風が通り抜ける〜岡崎市H様〜

自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例。今回は、岡崎市H様邸をご紹介します。

 

純白の外観が青空に映えるH様邸は三世代が同居する家。三角形の敷地形状をうまく活用することで、程よい距離感を保つ家を設計することができました。玄関、キッチン、お風呂は一か所、洗面台は二か所というつくりです。

 

 

 

H様のこだわりは玄関を入った正面の壁。明かりや風の流れに配慮して、土間から障子が見える引き戸を採用しました。これは雨楽な家での定番でもありますが、H様邸は人が通るためではなく明かりと風を通すためというのがポイント。障子を開けると階段がある個性的なつくりです。

 

 

 

ご主人のお父様が暮らすお部屋は日当たりの良い和室。上部に部屋をつくらず、お子さんの部屋を離して配置するなど、程よく距離感を保ち、家族全員が暮らしやすいよう工夫しました。

 

 

水回りはキッチン、洗面、お風呂を一か所にまとめ、便利な家事動線を意識しました。お風呂はタイルと無垢板風の建材を用いて、昔ながらの味のある雰囲気に仕上げています。

 

 

ロフトは畳敷き。写真には写っていませんが、書斎風のロフトにはなんと、2000冊(!)が入る造作本棚があります。本好きのH様ご家族。階段のフリースペースにも本棚を設けて、常に読む本を収納しています。フリースペースにはこのほか、奥様の趣味であるスニーカーを飾る場所も。家族で使える広い納戸もあり、収納力もばっちりです。

 

 

H様、ありがとうございました!

 

ご家族構成:ご夫婦+お子さん1人+ご主人のお父様の合計4人
建物種別:2階建て
延床面積:135.81平方メートル(41.09坪)