ブログ

ブログ2022.07.12

縦長の敷地を生かした平屋

世代を問わず、平屋にご興味をお持ちの方が多いですね。平屋というと以前は昔ながらの家というイメージもありましたが、子育て世代や若年層の方からも平屋のご要望を聞く機会が多くなりました。

 

西城建設では春に続き、2棟連続で平屋が竣工。今回の家は間口が狭く縦に長い敷地に建つ家です。平屋は広々とした敷地に建つ威風堂々とした姿をイメージされる方が多いかもしれませんが、決してそうとばかりは限りません。コンパクトな縦長の敷地に車2台分の駐車スペースを確保しながら、ご家族がゆったりと過ごせる平屋が実現しました。

 

 

玄関ホールは正面にキッチン、右側にリビングへと続く扉があります。無駄のない回遊動線の間取りは日々の暮らしやすさにもつながりそうですね。

 

 

見どころは寝室に設けた造作カウンターコーナー。格子の仕切りを設けることで、同じ部屋でありながら隔離された書斎として使える特別な場所に。床や壁の雰囲気も変えて、より和の趣を感じられるインテリアに仕上げました。

 

 

部屋によって異なる色の和紙を天井に使用したのもポイント。西城建設では岐阜県の「美濃和紙」と並び三大和紙と呼ばれる高知県の「土佐和紙」と福井県の「越前和紙」を天井や建具に採用しています。木の家には伝統的な建材の和紙がよく似合いますね。

 

もちろん雨楽な平屋の定番、ロフトもあります。ロフトはリビングから行き来ができる間取りとしました。

 

住みやすくて家族がコミュニケーションを取りやすい間取りにおしゃれなデザイン、耐震性やバリアフリーなど、たくさんの魅力がある平屋。今後ますます需要は増えるのではないでしょうか。