ブログ

ブログ2022.07.26

施工事例:壁付けキッチンで一体感のあるLDK〜岡崎市H様〜

自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例。今回は、岡崎市H様邸をご紹介します。

 

自然素材の家を探していたH様。西城建設の展示場にお越しになり、ヒノキや漆喰を使った家を気に入っていただきました。

 

LDKは一体感のある20帖の大空間。リビング、ダイニング、キッチンの自然なつながりは、家族のコミュニケーションを豊かにしてくれそうです。壁付けのキッチンは空間を無駄なく使えるメリットがあり、対面キッチンのように回り込む必要がない分、動線も効率的ですね。カップボードではなく、可動棚による見せる収納としたのもH様邸のポイントです。

 

 

 

和室は土間から近く、リビングに面した場所というご希望がありました。土間から和室に直接上がるのは雨楽な家の定番の間取りですが、最近は和室をご希望の場合、H様邸のようにリビングに面した場所に設ける間取りが増えています。

 

 

展示場のつくりにヒントを得て、リビングの中央にはスノコ天井をつくりました。2階には広々としたファミリールームも。将来は壁で仕切り子ども部屋となる場所です。ウォークインクローゼットは家族全員分の服が収納できるよう6帖分を確保しました。

 

 

 

外壁はシルバーのガルバリウムとネイビーの吹き付け塗装の組み合わせ。ネイビーは塗料メーカーに調合してもらった特殊色です。枕木と砂利の駐車場、木のフェンスで、外観はナチュラルな仕上がりに。お庭は、花屋に勤めていたことがあるという奥様の手でつくられました。

 

 

H様、ありがとうございました!

 

ご家族構成:ご夫婦+お子さん2人の合計4人
建物種別:2階建て
延床面積:122.57平方メートル(37.08坪)