ブログ

ブログ2022.11.29

施工事例:奥行きのある土地に建つ25坪の平屋〜岡崎市Y様〜

自然素材をふんだんに使った木の家、雨楽な家の施工事例。今回は、岡崎市Y様邸をご紹介します。

 

Y様邸は間口が狭く、奥行きのある土地に建つ町家(※)のような平屋。コンパクトな間取りに、木を生かしたこだわりのインテリアをちりばめました。

 

 

 

※町家…京都が発祥の細長い家。狭小地に建てる家として合理的なつくりが特徴

 

玄関を入ると正面にキッチン、右側にリビングがあります。玄関ホールからどちらにも行ける回遊動線は、買い物帰りなどにも便利ですね。キッチンはLDKのスペースを広く活用できる壁付けタイプで、すぐ後ろにダイニングテーブルを配置することで配膳や片付けの際の動線を短くしています。

 

 

分厚い一枚板の造作ダイニングテーブルは、片側を壁と一体にしたのが特徴。壁の反対側はニッチを設けるなど、構造を利用した無駄のない間取りと配置です。

 

 

廊下、水まわりを抜けた建物の奥には左右対称の寝室。天井には赤と青、異なる色の和紙を貼りました。

 

 

 

2部屋はそれぞれ作業スペースがあります。格子越しの独立した空間として、L字型にカウンターを設置。壁紙や床材を変えることで、同じ部屋でありながら異なる雰囲気を演出しました。造作カウンターも奥行きがあるつくりのため、趣味にも仕事にも余裕を持って使える場所ですね。

 

 

お手洗いは腰壁をつくり、上品なデザインの手洗いも設置。黒い壁は備長炭が塗りこまれていて、調湿や消臭効果が期待できます。

 

 

Y様、ありがとうございました!

 

ご家族構成:3人
建物種別:平屋
延床面積:25.04坪

 

 

 

内観写真集はこちらから
https://saijoukensetsu.com/gallerycat/inside

 

外観写真集はこちらから
https://saijoukensetsu.com/gallerycat/outside