ブログ

3-2

ブログ2017.10.10

自然素材:和紙について②

前回(http://saijoukensetsu.com/blog/20171005)に引き続き、自然素材の和紙について、お話をさせて頂きます。

 

3-1

 

皆さんは和紙の原料をご存知でしょうか?

 

昔からの代表的なもの(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)の3種類で、最近ではケナフも使用されています。それぞれ特徴や性質などを詳しく見ていきたいと思います。

 

・楮(こうぞ、クワ科)

繊維が太くて長いので丈夫な紙が仕上がります。

 

・三椏(みつまた、ジンチョウゲ科)

繊維が細く、艶があります。紙幣や証券の用紙などにも使われています。

 

・雁皮(がんぴ、ジンチョウゲ科)

繊維が最も細く、紙質は緻密で、粘りがあります。淡黄色で上質の和紙“鳥の子紙(とりのこがみ)”の主原料でもあります。

 

・ケナフ(アオイ科)

成長が早く二酸化炭素を大量に吸収するため、地球温暖化防止の植物としても注目を集めています。コーヒーフィルターなどにも使われています。

 

西城建設では、襖(ふすま)をはじめとする建具に福井の越前和紙を、壁や天井に高知の土佐和紙を採用しています。
それぞれ、1000年以上も歴史を持ち、日本の風土に合い、文化を伝える和紙です。

 

3-2

 

3-3

 

3-4

 

ホームページには、和紙を使用した木の家「雨楽な家」の内観写真集も掲載しています。宜しければ、そちらも是非チェックしてみてください。

 

内観写真集

http://saijoukensetsu.com/gallerycat/inside